中西労務管理事務所    メール:houmu21@mbr.nifty.com
                                   
  

 サンプル集
 (社内規定)

(各種契約書)

 参考資料
(海外人事関係)

( 法務関係 )


(人事・労務関係)

(税・社会保険関係)

行政機関のサイト


疲労度チェックリスト

 


金銭消費貸借契約書
(サンプル)


 貸主○○○○株式会社(以下「甲」という)と借主○○○○株式会社(以下「乙」という)
および連帯保証人○○○○(以下「丙」という)は、次のとおり金銭消費貸借および連帯
保証契約を締結した。


第1条(金銭の貸借)
  甲は乙に対し、本日、金○○○○円を貸し渡し、乙はこれを受領した。

第2条(利息)
  乙は甲に対し、元本に対して年○○%の利息を支払う。

第3条(返済方法)
  乙は甲に対し、平成○年○月○日限り、借入金元金および利息金を一括して甲の指
定する銀行口座に振り込んで支払う。

第4条(遅延損害金)
  期限後又は期限の利益を喪失した時は、以後完済に至るまで、乙は、元利金の合計
額に対し、○○%の割合による遅延損害金を支払うものとする。

第5条(期限の利益の喪失)
  乙について次の各号の事由が一つでも発生した場合には、甲からの通知催告がなく
ても、乙は当然に期限の利益を失い、直ちに元利金全額を支払う。
 (1) 他の債務につき仮差押、仮処分又は強制執行を受けた時
 (2) 公租公課の滞納処分を受けた時
 (3) 乙の振出、裏書、保証にかかる手形小切手が不渡となった時
 (4) 支払停止、破産、民事再生、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の申立
    があった時

第6条(連帯保証)
  連帯保証人丙は、乙が本金銭消費貸借契約によって負担する一切の債務について、
乙と連帯して保証債務を負う。

第7条(公正証書の作成)
  乙は、甲の請求がある時は、直ちに本金銭消費貸借契約による債務について強制執
行の認諾文言がある公正証書を作成するために必要な手続をする。なお、公正証書作
成に要する費用は乙の負担とする。

 本契約の成立を証するため本書3通を作成し、各当事者署名捺印の上、各1通を保有
する。
 

 平成  年  月  日

            (甲)住所
               氏名

            (乙)住所
               氏名

            (丙)住所
               氏名


           このページのトップへ


就業規則・労働相談 HOMEへ